全身に使用できるすぐれもの!スクワランオイルとは?

スポンサーリンク

スクワランオイルは乾燥する冬に最適のオイルで、小さな子どもからお年寄りまで使うことができます。

suku6

手に入りやすくべたつかないことから

・スキンケアの最後の仕上げに
・水分の蒸発防止

などの目的で使っている40~50代の女性が多いようです。

スクワランオイルとはいったいどんなものでしょうか。

▼目次

  1. スクワランオイルとは
  2. スクワランオイルとクレンジング
  3. スクワランオイルとアトピー
  4. スクワランオイルとニキビ
  5. スクワランオイル ヘアケア

スクワランオイルとは

「スクワランオイル」という成分、化粧品の成分表示などで見かけたことがある人も多いでしょう。スクワランとは「スクワレン」という成分に酸化を防ぐため、水素を添加させたものです。

これらのスクワランとスクワレン、名前が似ていますが別物です。

スクワレンは、人間や深海ザメ、オリーブオイルやベニバナオイルなどに含まれる成分。

人間の体内でも作られ、表皮に分泌されることで皮脂膜の成分となります。
皮脂膜は、保湿や殺菌、外部からの刺激から肌を守る役割があります。

suku2

化粧品や工業品に使用されているものは、
深海ザメの肝臓から抽出された肝油(かんゆ)であることがほとんどですが、
オリーブオイルなどの植物オイルからも抽出された植物性スクワランも存在しています。

スクワランオイルには主な3つの特徴があります。

天然である

スクワランは、添加物や化学物質が含まれていません。元々、人の皮脂膜にも含まれる成分なので安心して保湿に使用できます。

人の肌との親和性に優れている

スクワランは、親油基と親水基を併せ持っているため、肌に馴染みやすい特徴があります。

もともと肌が持っている皮脂膜と同様、お肌のバリア機能として働きます。天然のクリームとも呼ばれ、ベタつくことなく、肌に浸透して保湿機能を発揮します。

酸化しにくい

スクワレンには酸化しやすい特徴がありましたが、水素を添加させたことでスクワランには酸化しにくいという特徴に変わります。

また、凝固点も低いため寒い冬でも固まりにくいという特徴もあります。

これらの特徴からも化粧品に適した成分とも言えるでしょう。

スクワランオイルとクレンジング

人の皮脂と同じ成分と言われるスクワランオイルは、親油基であることから肌となじみも良く、肌あれしにくいオイルとも呼ばれています。

suku7

保湿を補う化粧品として活用するだけでなく、クレンジングオイルとしても使うことができます。

500円玉程度の量を手の平にとり、顔全体に伸ばしていきます。

指の腹を使って力を入れず優しく円を描くように肌に馴染ませていきます。

この後、ホットタオルを5分程度顔の上に乗せておくとさらに汚れが浮きやすくなります。

しっかりメイクと馴染んだらぬるま湯で優しく洗い流します。そのあとは、いつもの洗顔料で洗顔しましょう。

一般的なクレンジングオイルは界面活性剤を含んだ洗浄力が強いものが多く、汚れだけでなく肌に必要な皮脂までも落としてしまいます。

スクワランは界面活性剤が含まれていないため、肌に優しく、敏感肌や乾燥肌の人にもおすすめです。

スクワランオイルとアトピー

スクワランオイルはアトピーにも有効的と言われています。その仕組みを紹介します。

suku1

まず、アトピーとはアレルギー反応と関連があるもので湿疹など皮膚の炎症を伴う過敏症のことです。

赤い湿疹ができたり、乾燥がひどくなると粉を拭いたり症状はさまざま。

遺伝的な要因や栄養的な要因、環境的な要因、体内の常在細菌の影響によって起こります。

一般的にかゆみや炎症を抑えるために、ステロイド剤が処方されます。

このアトピーによるかゆみ対策として、スクワランの3つの作用が有効的と言われています。

まずは、殺菌作用がかゆみや乾燥を抑えます。

次にスクワランの分子、ハイドロ基に傷みやかゆみを和らげる鎮静作用があると言われています。

3つ目は、新陳代謝を活性化させることです。肌細胞の生まれ変わりが活発になり新しい肌に再生しやすくなります。

ただ、すべてのアトピーの方に合うとは限りませんので、使用する前にはパッチテストを行うと安心です。

スクワランオイルとニキビ

「にきびにオイル?」とオイルはにきびには合わないというイメージを持っている方もいるかもしれません。

arugan5

実はスクワランオイルはにきび肌にも有効的なのです。

3の項目でも紹介しましたが、殺菌作用があることから、にきびの元であるアクネ菌やマラセチア菌を殺菌します。

また、新陳代謝が活発になることで、にきびの毛穴の詰りや乾燥を防ぎ、にきびが出来にくくなっていきます。

また、酸化しにくいオイルであることからも肌を酸化させにくいという効果もあります。

スクワランオイル ヘアケア

kinua7

ここまでスクワランオイルはお肌に良い!という話をしてきましたが、ヘアケアにも効果的です。

シャンプー後のトリートメントとしても活躍します。

シャンプーで落としすぎた油分を補い、頭皮を細菌から守ります。フケやかゆみ、炎症を抑える効果があります。頭皮をマッサージすることで頭皮の血行がよくなり、育毛の促進で薄毛対策にもなるそうです。

さらに、毛穴や頭皮をきれいに保つこともできます。

また、洗い流さないトリートメントとしても最適です。

髪を乾かす前に、髪がパサついている時に、髪に馴染ませます。

このようにスクワランオイルは全身に使用できる優れものです。

保湿たっぷりもちもちのつや肌だけでなく、ぜひヘアケアにも試してみてはいかがでしょうか。

▲目次に戻る

スポンサーリンク