昭和コスメの愛用者が増えている!ロングセラーコスメのヒミツとは?

2016年8月31日

スポンサーリンク

昭和コスメがじわじわと人気上昇中。

dx3

なぜ、今、昭和コスメが注目されているんでしょうか。

ロングセラー化粧品だから安心
お母さんが使っていたから
コスパがいい

長く愛されている3つのブランドのヒミツを探ってみました。

▼目次

  1. なぜ、今、昭和コスメが人気か
  2. コスパがいいから?それだけじゃない昭和コスメ
  3. ドルックス 資生堂のロングセラーのヒミツ
  4. シリーズ累積販売数5億本! 明色化粧品
  5. ウテナ化粧品は、ゆず油がヒット
  6. まとめ

なぜ、今、昭和コスメが人気か

昭和のレトロ感漂うプチプラコスメが若い世代に人気です。

マダムジュジュ、ヘチマコロンに桃の花ハンドクリーム。

sho_kesyo_230
出典楽天

何と言っても、一番の魅力はコスパがいいこと!
それだけ長く愛されているということは安全だという証拠なので安心ですよね。

もちろん、
何十年も使い続けているお母さん世代の愛用者から、
その娘へと2代、3代にわたって愛されている昭和コスメもあります。

また、

ドラッグストアに行って、パケ買いしたら意外とよくてリピしているとか。

もう一つ、
若い女性に人気の理由は、あのレトロチックなパッケージにあります。

ガラス瓶だったり、ノスタルジックなパッケージはとても魅力的ですから。

昭和を知っている女性には「古めかしく」見えるパッケージも、
平成生まれには目新しく新鮮に映るようです。

ただ単に「値段が安い」「近くで買えるから」というのが一番で、手に取りやすいというのも以外にも、

ノスタルジックなパッケージが魅力の昭和コスメは、つい手にとってみたくなります。

コスパがいいから?それだけじゃない昭和コスメ

プチプラコスメは、50代、60代の女性たちにも人気。
化粧品という毎日使うものだからこそ、コスパが気になります。

昭和コスメって、容量が多く入っているのが多いので、洗顔後にバシャバシャつけらえるのってうれしいし。

ほとんど1,000円未満で買えるドラッグストアコスメは容量も多いので
洗顔後にバシャバシャと、たっぷりつけられるのがいいんです。

shuwa1

高い化粧品でもケチケチ使っていると、なんとな~くテンションが下がりますよね。

 

昭和の高度成長期の豊かな時代のように昭和コスメをつけると

あのときのワクワク感がよみがえるような気がするのでは・・・?

 

ドラッグストアやスーパーでよく見かける

3つの昭和コスメについて紹介します。

 

ドルックス 資生堂のロングセラーのヒミツ

dx2
引用 http://blog.zaq.ne.jp/

ドルックスは、資生堂の超ロングセラーシリーズ。

戦前の最高峰ブランド化粧品ドルックス(deLuxe)が誕生したのは、1932年(昭和7年)というからオドロキです。なんと、80年以上の歴史があるということですね。

ほとんどのスーパーやドラッグストアに置いてあるし、クレンジングクリームやナイトクリームの独特のデザインも目を惹きます。フランス・ロココ調の唐草文様は、モダンという言葉がぴったりです。

ラインナップも豊富で、クレンジングからヘアクリームまであり、全部1,000円以内で買えるのがうれしい!

そういえば、私のおばあちゃんも、ドルックスの収れん化粧水を何十年も愛用してました。たいして日焼け対策もせず畑仕事をしていたわりに、お肌はきれいでしたね。

 

ドルックスとかいうババア御用達の乳液買った。おばあちゃんが使ってたけどおばあちゃんお肌スベスベだったから私は信じる。あと今どきの化粧品種類が多すぎてよく分かんないから昔からあるヤツ使っときゃいいだろ。

https://twitter.com/muttaro66/status/765561848661839872

シリーズ累積販売数5億本! 明色化粧品

2016年、イメージキャラクターは神田沙也加さんです。

明色化粧品といえば、ニキビ対策の美顔水。

なんと131年の歴史だそう。

meishoku2
出典 明色化粧品

ティーンズ雑誌で紹介されていてにきびが気になるJKには人気。

そのほか、容器のデザインが人気が【明色シリーズ】
meishoku1

ネーミングが「奥さま用クリーム」「奥さま用ぱっく」とか、ずっと変わらないのも人気のヒミツかも!

レモン乳液とか、使ってみたくなる~。

このシリーズ、発売以来の出荷本数が5億本の超ロングセラーです。

ウテナ化粧品は、ゆず油がヒット

ウテナと聞くとなぜかアロエを想像してしまうのは、、、

utena2

この容器のイメージかもしれません。

 

1983年発売の製品はアロエエキス配合です。

ウテナってめずらしい名前ですが、臺(うてな)、つまり花の萼(がく)の意味で、土台を意味しているそうです。

いまのウテナ化粧品の売れ筋ナンバーワンはこれです。

utena1

ヘアオイルのゆず油。

まとめ

化粧品は本当に種類がいっぱいで、新しいものがどんどん出てきます。

化粧品ジプシーの果てに昭和コスメに行き着いたなんてことも聞きます。

お肌にいい成分が入った話題のコスメも捨てがたいけど、

栄養過多で肌が本来の力が発揮できずにいるのかもしれません。

 

昭和から受け継がれているロングセラーコスメは

お肌には必要最小限のものしか入ってないかもしれないけど、

かえってそれがよかったりするのかもしれません。

 

▲目次に戻る

スポンサーリンク