レンコンパウダーの作り方と効果的な食べ方

スポンサーリンク

テレビ番組でも話題になっているレンコンパウダー。
皆さん知っていますか?

蓮根は古くから薬用として食べられていたぐらい、栄養価の高い野菜。

renko5

 

豊富なビタミンCとポリフェノール
粘り成分のムチンやタンニン
カルシウムや鉄分が豊富

免疫力を高めることでも注目されているレンコンパウダーについて紹介します。

▼目次

  1. レンコンパウダー 作り方
  2. レンコンパウダー 効果
  3. レンコンパウダー ダイエット
  4. レンコンパウダー 健康法
  5. レンコンパウダーとヨーグルト

レンコンパウダー 作り方

レンコンが体に良くても毎日食べるのは難しいですよね。
そこで、毎日簡単に摂取できるようにしたものがレンコンパウダーです。

レンコンを乾燥させてから粉状にしたものです。

作り方

  1. レンコンを皮がついたまま2〜3mmの厚さに輪切りにします。
  2. 2〜3日天日干しにします。
  3. 乾燥したらフードプロセッサーなどで細かく砕いて粉末状にします。

最近では、スーパーなどでも販売されているので作るのが面倒という方には嬉しいですね。

レンコンパウダー 効果

1で作り方を紹介しましたが、ここからいよいよレンコンパウダーの効果についてです。

注目されているのは、腸の粘膜バリアを厚くする効果です。

これは、レンコンに含まれる「ムチン」というねばねば成分によります。粘膜が厚くなることによって、バリア機能が強化されて細菌などが体内に入るのを防ぐのです。

そして腸で作られる免疫物質の分泌が増えていきます。
renko2

免疫担当細胞の約7割は腸に集約されています。つまり腸の粘膜バリアを厚くすることで免疫力アップが期待できるということです。

免疫力がアップすると、風邪予防はもちろん、ぜんそくや花粉症、アトピーなどのアレルギーの予防効果も期待できます

その他にもムチンには体から出る粘膜の分泌を補う効果もあります。肌、目、口、鼻の乾燥も防ぎます。ドライアイなどで困っている人はぜひ試してみてください。

レンコンパウダー ダイエット

免疫力アップでも嬉しい効果ですが、女性にとってさらに嬉しいのがダイエット効果ですよね。

レンコンにはダイエットに効果的な成分が豊富に含まれています。

まずは、食物繊維です。便秘解消効果やコレステロール値を下げる効果もあります。れんこんの食物繊維は不溶性であるため、水分を吸収してふくらみ腸の蠕動運動を促します。腸内環境も整えます。

また、免疫力を高めるムチンにはたんぱく質や脂肪の消化を助ける効果もあります。

さらに食物酵素も豊富でリンパの流れを改善する働きがあります。

リンパが流れることで新陳代謝が良くなりダイエットにつながるということです。

レンコンパウダー 健康法

レンコンに含まれるムチンは熱に弱い成分です。

そのため70度以下で摂取しましょう。1日の摂取量は3〜5gが適量だとされています。ティースプーンでは1〜2杯くらいです。毎日取り入れると効果的です。そこで様々な取り入れ方を紹介します。

・お湯を入れてレンコン茶
お湯は70度以下に冷まして入れます。固まりやすいので少量のお湯でまぜてから入れると溶けやすいです。砂糖を加えると飲みやすくなります。

サラダにふりかける

renko6

スムージーと一緒にまぜる

納豆に入れる

そうめんの薬味と一緒に入れる

みそ汁にいれる
沸騰させないように火を止めてから入れましょう。

トーストにかける

ハンバーグのつなぎ
ムチンのねばりを活用します。ホットケーキやお好み焼きにも使えます。

renko7

煮込み料理のとろみつけ
ムチンのねばりを活用します。

毎日取り入れることが効果的です。続けやすい方法をぜひ試してみてください。レンコンパウダーにはオリゴ糖が含まれているためほんのり甘みはあります。しかし、ほとんど味はないためどんな料理に入れても味の邪魔にはならないところも優れものです。

レンコンパウダーとヨーグルト

4でレシピを紹介しましたが、組み合わせることで相乗効果が出るのが、レンコンパウダーとヨーグルトの組合せです。

renko8

レンコンにはムチンの他にもレモン並のビタミンCも含まれています。

ビタミンCは熱に弱い成分ですが、レンコンのでんぷんによって熱から守られるという特徴もあります。

また、含まれるタンニンなどのポリフェノールには花粉症などのアレルギーの原因になる物質を抑える効果があります。

このように、ムチン、ビタミンCとタンニンの相乗効果によって風邪、花粉症に対しての効果も注目されています。

ここに乳酸菌が含まれるヨーグルトを加えることでアレルギーが改善、花粉症が改善されたという埼玉大学の和合治久教授研究データもあります。

腸内環境が悪いとアレルギー反応が大きくなりますが、ヨーグルトを食べることで改善されるのです。

作り方も簡単、ヨーグルトにレンコンパウダーをまぜるだけです。これからの花粉症の季節、アレルギーが気になる方はぜひ試してみてください。

レンコンも、レンコンパウダーも継続して3カ月以上で効果が発揮されるので、毎日続けることが肝心です。

▲目次に戻る

スポンサーリンク