食べるだけじゃもったいない!ココナッツオイルの意外な効能

2016年9月2日

スポンサーリンク

ミランダー・カーも愛用中のココナッツオイル。

kokona1

カレーに入れたり、スイーツに入っていたりと
まろやかな風味を思い浮かべるのではないでしょうか。

そんなココナッツオイルですが、
食べる以外にもすごい効能あるんです。

意外な効能を紹介します。

▼目次

  1. ココナッツオイル 知られている効果
  2. ココナッツオイルでオイルプリング
  3. ココナッツオイルでマッサージ
  4. ココナッツオイルでヘアケア
  5. ブラックコーヒーに入れてみる
  6. ココナッツオイルの石鹸
  7. まとめ

ココナッツオイル 知られている効果

ココナッツオイルと言えば、
ダイエットに効果的を思い浮かべる人も多いでしょう。

kokona6

モデルさんの間でも話題になっていましたよね。
ココナッツオイルは中鎖脂肪酸に分類されます。

すぐに吸収され、エネルギーに変わるため、体内に蓄積されず、
さらに体についている脂肪を巻き込んで燃焼させます。

「体についた脂肪を減少させる」なんて、
とっても有り難い効果ですよね。

ココナッツオイルは、
食品の中で最も多くの中鎖脂肪酸が含まれているんです。

さらに人間のエネルギー源となるのが、
「ブドウ糖」「ケトン体」です。

通常、糖質を摂取すると
ブドウ糖が優先的にエネルギー源として使われます。

しかし、これでは脂肪は分解されないため、痩せません。

ここにココナッツオイルの登場です。

ケトン体は中鎖脂肪酸から合成されたもの、
ココナッツオイルを摂ると、血液中のケトン濃度が上昇します。
そうすると体内のブドウ糖がケトン体に代わります。
そして、体内の脂肪が燃焼されてダイエットにつながります。

さらに、ブドウ糖がケトン体に代わることは
認知症予防・改善にも有効的と言われています。

脳の栄養源となるブドウ糖を取り入れることができなくなると、
脳の正常な神経細胞が壊れます。

ここに、ココナッツオイルを取り入れることで
ケトン体が脳に流れ込み脳機能も改善できるのです。

ココナッツオイルでオイルプリング

日本ではまだあまり馴染みがないかもしれませんね。
オイルプリングは、ココナッツオイルを口に入れ、
「くちゅくちゅ」とうがいすることです。
オイルプリングには以下の効果があります。

kokona2

・ 体内の毒性を排出する
・ 口臭・歯周病など口内の病気の予防
・ 歯のホワイトニング効果
・ 顔にはりがでる
・ 偏頭痛などの慢性的な疾患の改善

大さじ一杯のココナッツオイルを口に入れ、
口の中で15分〜20分「くちゅくちゅ」とうがいを続けます。
途中、オイルが水っぽくなりますが、そのまま続けます。

最後に水で口をすすいで完了です。
最初は抵抗あると思いますがぜひ試してみてください。

ココナッツオイルでマッサージ

口に入れると嬉しい効果がいっぱいのココナッツオイルですが、
マッサージオイルとして使うこともできます。
リンパを流す効果と美肌効果があります。

kokona8

○ココナッツオイルでリンパ流し
体内のリンパ循環が滞ると
老廃物が体の中に溜ってしまいます。

むくみに繋がり、脂肪細胞の周りにリンパ液が吸着すると
セルライトの原因となってしまうのです。

ではさっそくココナッツオイルを手のひらにつけ
マッサージを行っていきましょう。

足の裏と甲
・ 両手で足裏を包み込むようにして親指で足裏を押す
・ 足の甲も押す

ふくらはぎ
・ くるぶしの下のくぼみを押す
・ 手のひら全体を肌にくっつけながら、足首からふくらはぎへ押しあげるようにリンパを流す
・ 膝下のくぼみを親指で刺激する

太もも
・ 太ももの内側を膝から足のつけ根に向かって両手でリンパを流す
・ 太ももの外側も同じようにリンパを流す
(太もものつけ根に鼠径リンパ節という重要なリンパ節があります)

○ ココナッツオイルで美肌ケア
ココナッツオイルにはビタミンEが豊富に含まれ、皮膚の乾燥を防ぎ、保湿、肌を柔らかくする効果もあります。また、ビタミンEとポリフェノールには、肌の活性酸素を防ぐ効果もあります。肌に与えるダメージを軽減し、肌のくすみ・シワ・シミを防ぐため美肌につながります。

○ 塩・砂糖をまぜてスクラブ
ココナッツオイルに塩、または砂糖をまぜてスクラブにします。お風呂で体全体をマッサージし、5〜10分で洗い流します。砂糖は保湿効果、塩には抗菌作用と角質除去効果があります。

ココナッツオイルでヘアケア

お風呂上がりに少量のココナッツオイルを髪にぬります。
カラーやパーマでダメージを受けた髪の修復・補修ができます。

頭皮をマッサージするとリラックス効果もあります。

ブラックコーヒーに入れてみる

ココナッツオイルをブラックコーヒーにただ入れる美容法です。
コーヒー1杯にココナッツオイルを大さじ1杯加え、
ミキサーにかけよく混ぜます。

食事の3時間前に飲むことでダイエット効果を高めることができます。

海外ではブラックコーヒーに無塩バターを入れるバターコーヒーもダイエットに注目されています。
kokona7
太りそうなイメージがありますが、
無塩バターに含まれる不飽和脂肪酸に
中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす作用があるそうです。

実際にバターコーヒーを飲んだ人たちは、
一様に「なぜかお腹が減らずに集中力が増した」といっています。

バターコーヒーの発案者は、
精神面と肉体面でのパフォーマンスを効率的に上げる方法を探していた
アメリカ人起業家デイヴィッド・アスプリー氏。
彼がチベットのバターティーをヒントにしたそうです。

本人がかなりの体重を減らしたことで
口コミでどんどん広がっているバターコーヒー。

日本でも注目されています。

ココナッツオイルの石鹸

食べても良し、塗っても良しのココナッツオイル。

kokona3

ココナッツオイルの石鹸を使うとさらに美肌に効果がありそうですよね。
抗酸化作用があるのはもちろん、
含まれるラウリン酸の効果で肌の免疫力がアップします。
ニキビ・毛穴の黒ずみ・シミ・たるみなどにも効果的です。

まとめ

いかがでしたか?ココナッツオイルには意外な効果がたくさんありました。
活用しないともったいないですね。

ブームに乗って買いだめしたものがあればぜひ活用してみましょう。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

健康, 美容

Posted by ふふ