試す価値あり!オリーブオイルでクレンジングするとオレイン酸でお肌しっとり

2016年9月27日

スポンサーリンク

料理に使用するオリーブオイルが健康に良いということは良く聞きますが、
実はお肌にも良いということを知っていますか?
olive7

実は体全体に使用できるという優れもの。

使い方から効果までオリーブオイルのすごさを紹介します。

▼目次

  1. オリーブオイルに含まれる成分「オレイン酸」がスゴイ
  2. 化粧品ジプシーが行き着くオリーブオイルでクレンジング
  3. ホホバオイルやスクワランオイルとの違い
  4. 頭皮マッサージからボディケアまで
  5. 鼻の黒ずみに効果あり
  6. まとめ

オリーブオイルに含まれる成分「オレイン酸」がスゴイ

オリーブオイルがすごいと言われるには含まれる成分に秘密があります。

オリーブオイルの中の脂肪酸の約70~80%を占めている「オレイン酸」です。

人の皮脂の成分に近いとも言われ、お肌にもしっとりなじむのも特徴。
オイルが角質まで浸透することで乾燥から守ってくれます。

olive3

また、オレイン酸は体内にも良い影響を与えます。

注目されるようなったきっかけは、オリーブ油を主な油脂源としている地中海沿岸地の人々の冠状動脈性疾患が少なかったことです。

これは、
オレイン酸が余分なコレステロールを運ぶ善玉コレステロールは減らさずに、悪玉コレステロールを減らすからです。

皮下脂肪の元である中性脂肪をつきにくくする効果もあります。

食物繊維も含まれることや整腸作用もあることから便秘も解消され、美肌にもつながる嬉しい効果です。

化粧品ジプシーが行き着くオリーブオイルでクレンジング

色んな化粧品メーカーのクレンジングを試してもなかなか自分の肌に合ったものがないという人もいるでしょう。

そんな化粧品ジプシーが行き着くのがオリーブオイルとも言われています。

市販のクレンジングオイルには合成界面活性剤が含まれていることも多く、皮脂を取りすぎて乾燥してしまうこともありますから。

オリーブオイルクレンジングは油対油で毛穴の奥のメイクもしっかり落としながら、オレイン酸で保湿も保たれるのです。

ただし、オリーブオイルの選び方には注意が必要。

まず第一に、基本的にはどのオイルを選ぶ際にも共通の原則なのですが、圧搾法と記載のあるオイルを購入してください。低温圧搾などと書いてあれば尚goodです。圧搾法と記載されていないオイルは、ほぼ間違いなく溶剤抽出法で作られています。
これは植物にヘキサンという石油溶剤をかけて油を抽出し、最後に脱臭、精製などで様々な化学物質が使われる方法です。アンチエイジングや病気にならないためには絶対避けたい抽出法のオイルなので、くれぐれも注意してください。

出典:http://lifestyleorganizer.net/

 

オリーブオイルの産地はイタリアが有名ですが、化学物質の取り扱いや食の基準が厳しいスペイン産のオリーブオイルのほうが安全だという口コミもあります。

オリーブオイルのクレンジング法は、500円玉くらい手にとりゆっくり円を描くようにマッサージして、仕上げは洗顔料で洗います。

手でオリーブオイルを温めて使うと肌になじみやすくなります。

ホホバオイルやスクワランオイルとの違い

オリーブオイル以外にも美容に良いと言われるオイルがありますよね。

olive4

他のオイルも気になるため、

今回はホホバオイルとスクワランについても調べてみたいと思います。

ホホバオイル

「ホホバ」というツゲ科の多年草の種子から抽出される天然のオイルです。

暑さに強く砂漠地帯などに生息します。体で消化されないため食用ではなく、肌や髪のケアに使用されます。

主成分はワックスエステルという皮脂と同じ成分構造で10℃以下の温度で固まってしまいます。

肌に保護膜を作り外からの刺激や乾燥を防ぐ効果があります。

アレルギーを起こす確率が低いと言われ、酸化しにくく長く保存もでき初心者にも使いやすいオイルです。

紫外線をカットし日焼け止めにも効果的。オリーブオイルは肌の保湿、ホホバオイルは外からの刺激、乾燥を防ぐという違いがあります。

 

スクワランオイル

スクワランとは水深300~1000mの深海に生息する深海ザメの肝臓から抽出されたオイルです。

人の皮脂の成分と構造が似ていると言われていることから肌へのなじみがいいのが特徴。

オリーブオイルよりもサラッとして肌に入りやすい特徴があり、肌を柔軟にして古い角質を剥がれやすくします。

ただし、原料や製造方法によって色々な種類が存在するので、なるべく純度が高いものを選びましょう。

ニキビ肌にはオリーブオイルよりもホホバオイルが良さそうです。

肌の調子や肌へつけた時の感触の好き嫌いによって使い分けても良さそうです。色々、試してみるのもいいかもしれませんね。

頭皮マッサージからボディケアまで

オリーブオイルのすごいところは全身に使用できることです。

頭のマッサージにも使えます。頭皮の脂に近く頭皮に負担をかけません。頭部全体の血行を促すように指の腹で優しくマッサージしていきます。

100円か500円玉くらいの量を手に取りマッサージしてみましょう。

 

oliv8

最後は、シャンプーでしっかりオリーブオイルを流しましょう。

頭皮の乾燥予防で抜け毛予防、皮脂分泌の抑制もできます。白髪の予防にも効果的とも言われています。

また、全身のマッサージにも使えます。エステサロンでも使用しているところもあります。リンパの流れにそって優しくマッサージしてみましょう。頭からつま先まで体全体に使える優れものです。

鼻の黒ずみに効果あり

肌に浸透しやすいという特徴から毛穴に詰まった皮脂と混ざり合って毛穴の黒ずみを取り除いてくれます。

黒ずみにオイルをなじませ優しくマッサージしていきます。

olive5

気になるからといってもゴシゴシこすってはいけません。

オリーブオイルをなじませた後、蒸しタオルを顔にかぶせておくとさらになじみやすくなります。

何度かケアすることにより、徐々に黒ずみが柔らかくなって取り除きやすくなります。ケアをした後は、しっかり洗顔しましょう。

まとめ

オリーブオイルは全身に使用でき、美容にもすごい効果があることが分かりました。

olive2

オリーブオイルには料理に使う食用とドラッグストアなどで売られているスキンケア用があります。

食用のものもスキンケアに使うこともできますが、やはりおすすめは細かくろ過されたスキンケア用です。

美容のためにも食事とお肌の両方から取り入れていきたいですね。

▲目次に戻る

スポンサーリンク