口角を上げる方法-効果がある”ほぼ”無料の5つの対策

「怒ってる?」

学生時代からよく質問されたこのフレーズの意味を大人になるまで分からなかった私。

口角が下がっているために怒って見られていたんだ、ということを知ったのは、つい最近なのでずいぶん損をしたものだと思います。

その後、口角を上げるためにいろんな方法を試したなかで効果があり、なおかつ「安い」もしくは「ほぼ無料」の方法をご紹介したいと思います。

口角が上がっていると人間関係がよくなるだけじゃなくて、自分自身も上機嫌でいられるから、メリットは計り知れません。

この春、進学・進級、新卒で新しい世界に入ったばかりの人も、
もう何年も「怒ってる?」と言われ続けている人もぜひ試してください。

スポンサーリンク

▼目次

  1. なぜ口角が上がっているといいのか?
  2. 口角を上げる方法1 あいうべ体操
  3. 口角を上げる方法2 割り箸
  4. 口角を上げる方法3 メイク
  5. 口角を上げる方法4 顔ヨガ
  6. 口角を上げる方法5 トレーニング
  7. まとめ

なぜ口角が上がっているといいのか?

なぜ口角が下がるかというと、理由は2つ。

スマホの普及
上を向いてスマホをやっている人を見たことがありますか?

ないですよね?
スマホをやる姿勢は下向きになるのでどうしても口角が下がって見えがちです。
歩く姿勢が悪くなり、そのせいで口角が下がって見えることもあります。

表情筋の衰え
年齢とともに体の筋肉が衰えていきます。表情筋のなかでも特に口輪筋がゆるんでいることが原因です。

若く見られる。
フレンドリー、社交的な感じ。
運がよさそう。

ということで、明るく見られてコミュニケーションが進む一方、

逆に口角が下がっていると

老け顔に見られる。
暗い印象をもたれる。
運がわるそう。

と「人は見かけが何チャラ」ではありませんが、口角が下がっていると印象が悪くなるのは避けられません。

ほうれい線ができるのを心配して意識的に口角を上げない人もいるようですが、それは逆。

角は上がっているほうがゼッタイに得です。

口角が上がっているといい、一番の理由は「自分が上機嫌でいられるから」だと私は思います。

人間の脳は、ある意味賢く、ある意味純粋なのかもしれません。

たとえ、精神的にまいっているときでも、口角が上がっていると「あれ、今、気分がいいんだな」と勘違いして脳がセロトニンという物質を出すのです。しあわせホルモンであるセロトニンはリラックス効果があり、免疫力を高めます。

嫌な気分でいるよりも、リラックスした気分でいたいですよね。

だから、意識してでも口角を上げていたほうがいいんです。

口角を上げる方法1 あいうべ体操

あいうべ体操は、舌や口の周りの筋肉を強化することができ、舌の力が強くなります。
その結果、口を閉じた状態を保つことができるようになり、鼻呼吸ができるようになるという健康法ですが、これは口角アップやほうれい線にも効果があります。

「あ」「い」「う」という口の動きは、口の周囲の筋肉(口輪筋や表情筋など)を鍛え、「ベー」と舌を出すことで、舌の筋肉(舌筋や舌骨筋群)が鍛えられます。

舌の筋肉を鍛えることは、舌を正しい位置に引き上げるために重要です。

動画を見ると、このあいうべ体操を食後に10回やれば、

・口角が上がる
・ほうれい線が薄くなる
・小顔になる

という効果が期待できると言っています。

何より「お金がかからない」のが魅力的です。

だまされたと思ってやってみましょう!

口角を上げる方法2 割り箸

”ほぼ”無料のなかでも、一番安いんじゃないかと思われる「割り箸」を使う方法。
実は私は長年、この方法をやっていました。

ところが、私は奥歯が1本欠損しているため、割り箸を長く噛んでいると歯のかみ合わせがずれてきて、顎が痛くなり、ひいては頭痛もするようになってきたんです。

だから、今は割り箸をストローにして口角アップと脳のリラックスを図っています!

ストローは、軟らかいため簡単に曲がっちゃうので割り箸よりも効果がないですが、噛んでいることにより「口角を上げよう!」という意識が芽生えます。

何もしていないのとでは大違い。

ストローは一日でぐにゃりと曲がってしまいますが、100本入りが百均で買えますから安いものです。一袋買えば半年はもちます。
パソコン、スマホ、テレビを観ているときや、家でくつろいでいるとき、割り箸やストローを加えて口角を上げる意識をしてみてください。

口角を上げる方法3 メイク

これは、口紅やリップクリームを上向きに描く方法。

オールアバウトに詳しい方法が掲載されていましたので、やり方はそちらをご覧ください。

簡単に要約して説明すると

1、口紅をしっかり描きます。自然に見せるため一度ティッシュで押さます。

2、下唇の両端にのみ、リップライナーをいれます。リップライナーは口紅より濃い目にします。口角が上がって見えるよう下唇の端まで1mmはみ出して描きます。

3、下唇のリップラインの下にホワイトシャドウをサッとニュアンス程度にいれます。ハイライト効果で下がった口角を上げてくれるスペシャルテクニック。

4、最後に上下唇中央にグロスをおいて、中央から端へグロスをもっていきます。こうすることによって、中央に多くあつまったグロスが唇をふっくらとみせてくれます。参考 口角アップリップメイク

ちょっとしたコツを覚えれば簡単です。
やらない理由はありません。

口角を上げる方法4 顔ヨガ


顔ヨガとは一言でいうと「顔の筋トレ」のこと。

顔や舌を普段使わないような動きをさせて、顔全体を鍛えるエクササイズです。

写真は、顔ヨガを有名にした間々田佳子さん。

ご本人もかなり顔が変わったようですよ。


引用 https://maquia.hpplus.jp/

私も間々田さんの著書を参考に、CDでエクササイズにトライしたんですが、、、思っているよりツラい!

そして、舌や顔が痛い(笑)

顔をくちゃくちゃにしたり、変顔をすることで、普段あまり動かしていない顔の筋肉がほぐされるのですが、固くなっているせいか、開始後3日間は何か顔が痛い(^_^;)

表情筋は全部で40種類以上あります。前頭筋(ぜんとうきん)・眼輪筋(がんりんきん)・頬筋(きょうきん)・口輪筋(こうりんきん)・頤筋(おとがいきん)などなど。生活のなかでは、そのうちの2割ぐらいしか動かしていないという調査計画課があります。

使われていない表情筋は、しわやたるみの原因になるので、その防止のためにも毎日頑張って続けています。

お風呂の中でもできるので、日常生活にも取り入れやすいのが魅力です。

口角を上げる方法5 トレーニング

口角が下がっていると「老けてみられる」のも困ることの一つ。
もっと身近で手軽な方法として、ペットボトルでの方法があります。

ペットボトルや、顔の筋肉を鍛えるグッズで
家にあるもの、百均で買えるものなどを使って、口の周りの筋肉や表情筋を鍛えましょう。

ペットボトルを使う方法

日本アンチエイイング歯科学会の常任理事の宝田恭子先生が考案したペットボトルエクササイズが有名です。宝田先生自身、もうじき還暦でありながら、娘さんと姉妹に見られるぐらいお若いですから。

ペットボトルを使って、口輪筋を鍛えるエクササイズの方法です。

1、500mlの空のペットボトルの5分の1くらいまで水を入れます。

2、顔を下に向けて、くちびるを尖らせて、歯を使わずにくちびるだけでペットボトルの口をくわえます。そのまま、ペットボトルを唇だけで持ち上げます。歯を使うのはアウト!

3、このまま10秒キープ。これで1回とカウントします。

3回1セットで、1日2セットを目標にします。

リフトアップエクササイズグッズ

アヒル口が一時期はやりましたね。

たるんだ口角をアップするグッズがも通販で手に入れることができます。

1,000円未満ということで、お手軽かと思いますので気になる方は通販サイトをチェックしてみてください。

「楽しみながらエクササイズする」という意味でグッズを使うのも「あり」ですが、お金をかけなくても、顔ヨガやペットボトルの方法で十分が効果が期待できます。

まとめ

舌の位置や歯並びのせいで口角が下がる人もいるので、そういう方は無理せず、ストローを噛む方法から始めるといいでしょう。

また、食事のときによく噛まなかったり、口呼吸で口輪筋が弱っている人もいるので、食事はよく噛んで鼻呼吸を心がけましょう。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク