表情筋を鍛えて幸せ顔を手にいれよう

スポンサーリンク

来年こそ、いい年にしたい!

暮れになるとそう思いますよね?

今年を振り返って「良いことがなかったな~」という方は
来年、表情を変えると良いことがあるかもしれませんよ!
egao7

あなたのまわりの人を見渡してみてください。

眉間にしわが寄ったような険しい顔をしている人はいませんか?

幸せそうに見える人は?

いませんよね。

やはり表情と幸せにはつながりがあるようです。

もともと日本人は喜怒哀楽を出すことが苦手なため、
普段から表情筋を使うことも少ないのです。

さらに歳を重ねることに退化していくため、
幸せ顔はどんどん遠のくばかり。

そこで、表情筋を鍛えて幸せ顔になってしまいましょう。

▼目次

  1. 口角と頬の簡単ストレッチ法
  2. 眉間にしわを寄せないこと
  3. 顔ヨガで表情豊かに
  4. 疲れた顔は危険サイン
  5. 顔の形に合った鍛え方

口角と頬の簡単ストレッチ法

たまに口元がへの字になっている人を見かけますよね。
egao5

まわりに気難しそうな印象を与え、美男美女であっても台無しです。

さらに歳を重ねると両頰の肉もたるんでブルドック顔になってしまいます。

そこで、口角のまわりを鍛えることで表情がぐっと変わり、
まわりにも笑っているような印象を与えます。

さらに嬉しいことに顔も引き締まり、
小顔効果も期待できるのです。

・頬を膨らますストレッチ法

口の中に空気をためて、口を閉じます。
まず、右の頰に空気を集めて頰を膨らませます。

そのまま5秒間キープ。左側も同様に行います。

次に鼻の下、下唇の内側というように順番に行っていきます。

口の中に空気をたっぷりためて行うことがポイントです。頰の筋肉を鍛えることができます。

・ウインクストレッチ法

意外とウインクができないという人もいますよね。
egao8
そこで、口角と頰を鍛えるストレッチです。

まず右目をつぶりウインクします。
そして、右頰と右の口角をウインクしている右目に近づけるようにぐっと引き上げます。

そのままの5秒間キープします。

左目も同様に行います。口角のあたりの筋肉に痛みを感じるくらいが丁度よいです。

このストレッチで口角、頰の筋肉がほぐされ、動きやすくなります。

自然に表情も豊かになって行くでしょう。

眉間にしわを寄せないこと

スマホを使っている時、眉間にしわがよっていませんか?

egao9

眉間のしわは老けた印象ややはり不幸な印象を与えます。

クセになってしまうとしわは深くなり、般若のような顔になってしまいます。

まずは、しわを寄せないことがポイントです。
普段から怒らないように心がけ、なるべく穏やかな表情で過ごしましょう。

とは言っても、しわができてしまうこともあるでしょう。

そこで、眉間のしわを取るストレッチを行います。

まず、目を大きく見開きます。
carrot8
さらに、目をぐっと持ち上げます。そして舌を思いっきり下方向に伸ばします。

おでこと眉間の肌を動かすことで、血流の流れがよくなりしわが薄くなります。

普段から乾燥させないようにスキンケアもしっかり行いましょう。

顔ヨガで表情豊かに

egao2
最近、顔ヨガという言葉を耳にすることも増えましたよね。

顔ヨガとは、顔の筋トレのことです。

普段の生活の中で使っていない表情筋を使うことで、顔全体の筋肉を鍛えることができます。

特に顔には小さな筋肉がたくさんあるため、表情の変化にも繋がりやすいのです。

疲れている時や落ち込んだ時など、顔からその時の状態がにじみ出てしまうものです。

ただ、そんな時に活躍するのが顔ヨガです。

トイレなどに行った時間に顔ヨガを行うことで表情だけでなく、気持ちまでリセットすることもできるのです。

疲れた顔をなんとかしたい

まず口を「お」の形にします。次に鼻の下をよく伸ばします。

そして目だけ動かし上を向きます。
この時に額にしわが寄らないように気をつけましょう。

この表情のまま下まぶたを上に引き上げます。

普段使わない目のまわりの筋肉を鍛えることができます。

目もしっかり見開くため、疲れているという印象がなくなります。

顔全体のストレッチにもなるため、たるみやむくみも解消し小顔効果も期待できそうです。

・仕事の途中に気分転換

仕事が煮詰まった時、顔ヨガを試してみてください。

額にシワが寄らないように、目線だけ上に向けます。

そして思いっきり舌を出し、息を吐き出します。

息を吐き出すことで緊張をゆるめて、リラックスできます。

ただ、あまり人前では出来ない顔なので、トイレの中などでまずは試してみてください。

頭もすっきりすることで会議でも新しい案なども出やすくなるでしょう。

疲れた顔は危険サイン

自信がある時には表情にも現れます。

逆に緊張している時には顔がこわばります。顔がこわばる原因は、ストレスや不安や恐怖が主な原因です。

こわばりはしわにも繋がります。

自分の顔が疲れていると感じた時には、自分のことを労ってあげましょう。

顔の形に合った鍛え方

顔の形によって筋肉の衰えやすい場所が異なります。

・たまご顔
上下まぶたがたるみやすい傾向があります。目の周りを中心に鍛えましょう。

・丸顔
頰に脂肪がつきやすい顔です。頰の筋トレを中心に行いましょう。

・ベース顔
エラが張っている顔はあごのラインはすっきりしますが、口元にしわができやすいです。

口元を中心に鍛えましょう。

・逆三角形顔
あごと口角が下がりやすくなります。あごと口元を中心に鍛えましょう。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

若返り

Posted by ふふ