にんじんジュースって美白にいいの? ベータカロチンは美容や健康に効果あり!

2016年9月26日

スポンサーリンク

にんじんジュースを飲んでいたら、気になる記事を発見しました。

にんじんジュースを飲んだら美白になったとのこと。

carrot5

にんじんの栄養価が高いことは知っていますが、
美白にもつながるのでしょうか?

にんじんジュースの効果とレシピについても調べてみます。

▼目次

  1. にんじんジュースでシミやくすみが消える?
  2. 目にもいい? 人参に含まれるカロテン
  3. にんじんジュース断食でデトックス
  4. 手作りor市販? 栄養価の違いってあるの?
  5. 自宅でできるにんじんジュース(レシピ)

にんじんジュースでシミやくすみが消える?

にんじんにはたくさんの栄養素が含まれています。

carrot7

その中でも美白に効果的と言われるのが、ベータカロチンで
体内に入るとビタミンA(レチノール)に変化します。

レチノールは活性酸素を抑えるために体内で働き、
肌の細胞の成長を助けてくれます。

その結果、
メラニン色素を作らせるチロシナーゼにメラニン色素を作らせないように働くのです。

にんじんジュースを飲んだら、シミが薄くなったという声や
くすみがなくなったと声があるのはこのベータカロチンのおかげです。

また、ビタミンAは肌の免疫力を上げてくれるため、
皮脂分泌が正常になり肌に潤いも蘇ります。

目にもいい? 人参に含まれるカロテン

にんじんが目にいいと聞いたことはありませんか?

carrot8

実は先ほどの美白にいいベータカロチンは目にも効果的。

ベータカロチンのままでも、体内でビタミンAに変換されても
目に良い働きかけをします。

まず、
ベータカロチンには目の疲れや目の乾燥を防ぐ働きがあります。

目の網膜に含まれる視覚情報の伝達物質ロドプシンが目の粘膜や網膜を健康に保ち、網膜機能の維持も行います。

脂溶性のビタミンでもあるビタミンAは目の粘膜を正常に保つ作用があります。
ビタミンAが足りていれば視力の低下や夜盲症などが予防できるので、体験的に昔から「ニンジンは目にいい」と言われいたのですね。

また、粘膜が分泌されやすくなるため、ドライアイや角膜炎、結膜炎なども防ぐことができます。

ベータカロチンはにんじんの皮の部分にたっぷり含まれています。
皮がついたままキレイに洗って調理するか、皮を薄めに剥いて調理するとより効果的です。

にんじんジュース断食でデトックス

酵素を使った断食デトックスが流行っていますが、
にんじんジュースの断食も注目されています。

デトックスとは体内の老廃物と毒素を体の外に排出させることです。

にんじんジュースに含まれる2つの栄養素がデトックスに効果的です。

1つ目は何度も出てきているベータカロチンです。
体内の活性酸素を抑え、人の臓器や肌の老化を防いでくれます。断食が終わった時にはお肌の調子の良さも実感できるでしょう。

2つ目は豊富な食物繊維です。

腸内環境の改善にも役立ち、便秘の解消にもなり体内の老廃物を外に排出する効果があります。

carrot6

さらに、にんじんジュースにりんごを加えると飲みやすさだけでなく、デトックス効果もアップします。

りんごには血液をサラサラにしたり、コレステロール値を下げたり、整腸作用もあります。

作り方
・ にんじん2本
・ りんご1個
・ 水
・ レモン数滴

にんじんとりんごは2対1の割合でジューサーまたはミキサーで作ります。

ドロッとして飲みにくい場合は水を加えて調整してみましょう。お好みでレモンを加えると飲みやすくなります。

手作りor市販? 栄養価の違いってあるの?

市販のにんじんジュースは手作りのものと栄養価の違いはあるのでしょうか。

気になったので調べてみようと思います。

 

carrot9

手作りは天然のものですが、市販のジュースは濃縮還元されているジュースが多いのです。

これは、作る段階でいったんにんじんや果物の水分を飛ばしてから再度水を加える製法。

殺菌のため加熱処理され、食物繊維が除かれさらりとした食感になっています。

まず、市販のものは熱が加わることで天然のものよりも栄養素が減ってしまいます。
天然のビタミンCは熱に弱いため、添加されているものが多いようです。

熱に弱い酵素の機能も失われ、食物繊維も手作りのものと比べると少ない結果となりました。

対してビタミンA、ビタミンB、カリウム、ビタミンE、
これらの栄養素は手作りと市販のものはほぼ同じくらいの量でした。

これらの結果からみると、やはり手作りのほうが体には良さそうですね。

にんじんジュースの手作りといえば、「ゲルソン療法」という健康法があります。

ガン予防、免疫向上、風邪予防のために飲んだり、
がん患者は一日に何杯も人参ジュースを健康療法です。

野菜や果物の抗ガン作用をガンの治療に活用している食事療法があります。それは、ドイツ人医師のマックス・ゲルソン博士が考案したゲルソン療法です。欧米やメキシコには、ゲルソン療法によってガンを克服した人が何千人もいると言われています。

出典URL:http://gan-chiryo.com/

ジュースにするので、訳ありニンジンでOKです。
carrot1

いろいろところにニンジンは役立っています。

自宅でできるにんじんジュース(レシピ)

飲みやすそうな、栄養素の高いにんじんジュースを探してみました。

carrot10
http://rassic.jp/
・ にんじんのみ
シンプルににんじんのみで作ります。
しっかり洗って皮をむかずにミキサーにかけます。市販のにんじんジュースと比べてやさしい甘さです。

・ にんじん2本+りんご1個+ほうれんそう1〜2株
デトックス効果があるにんじんとりんごのジュースにほうれん草を加えます。

ほうれん草は鉄分やベータカロテン、ビタミンC、カリウムなど栄養が豊富です。
また、ほうれんそうには胃から大腸までを掃除する効果があります。
お腹がすっきりさせる効果があるので休日前に試すと良さそうですね。

・ にんじん2本+りんご1個+さつまいも1本
さつまいもにはカロチンやビタミンC、カリウム、カルシウムなど栄養が豊富です。

加えることで甘さが引き立ちます。食物繊維もたっぷりなので腸内環境も整い美肌になります。
▲目次に戻る

スポンサーリンク

健康, 美容

Posted by ふふ