Amazonの架空出品を頼んじゃった!その経過と今後の対策

2017年4月25日と26日のヤフーニュースにも載ったので記憶に新しいアマゾンの「架空出品による詐欺マーケットプレイス多発」。

何を隠そう、先週、私もこの架空出品を買ってしまいました。

まだ架空出品がたくさん出ているので

注意喚起の意味を込めてその顛末と経過についてお話しします。

(まだ途中経過です)

スポンサーリンク

▼目次

  1. 「ちょっと安い」手口が巧妙
  2. 発送完了メールに?
  3. カスタマーサービスに電話
  4. マーケットプレイス保証申請
  5. 出品者の立場
  6. 安かろう、コワかろう

「ちょっと安い」手口が巧妙

詐欺マーケットプレイスが多発? Amazonで激安商品を買ったら何も届かなったという報告があがる

スクウェア・エニックスの人気ソフト「ニーア オートマタ」のPS4版。新品が1000円など、あり得ない価格で出品されている。
ここ最近、通販のアマゾンジャパン(Amazon.co.jp)に安過ぎる商品がよく並んでいます。発売されたばかりのゲームソフトなどが定価の半額であったり、場合によっては数百円で販売されていたりと、明らかにありえない価格がついているケースも見受けられました。

2017年4月25日のYahoo!ニュースより

こんなニュースを見てびっくりしている方も多いのではないでしょうか。

4月22日、ICレコーダーが欲しいとAmazonをうろうろしていたら、少し安い商品を見つけ「ラッキー♪」と即、ポチッと押してしまいました。

マーケットプレイスさんからは何度か購入したことがあり、トラブルもなかったので安心してしまったんですね。

しかし、このICレコーダーを売っている業者さんは、過去に100%良い評価の業者で、休眠中だったためにのっとられたようです。

Amazonの新品よりも1,000円ぐらい安かったので、そこそこ程度がよければいいや、と思ってポチっと購入ボタンを押してしまいました(・_・、)

ちなみにマーケットプレイスとは・・

Amazonマーケットプレイスとは、Amazonのユーザー同士で商品の売買ができる、ネット上のフリーマーケットのようなものです

私自身、古本をAmazonで出品している出品者なのでマーケットプレイスのシステムは分かっています。

しかし、業者さんから着たメールに違和感がありました。

発送完了メールに?

4月22日の14時にポチッと発注し、16時半に「発送完了」のメールが来たんです。

土曜日なのにずいぶん早いなあ、親切だなあと思っていたんですが、

運送会社が「DHL」という聞いたこともないところ。

ネットで調べると外資系?なのかな、なんてこのときはまだ気づかず。

22日発送で24日の月曜日の正午になっても届かないので、問い合わせ番号をネットで検索。

英語で表示されるも、意味が分からない。

仕方なく、DHLという運送会社に電話したら

「そのような送り状番号はありません」との返事。

そしてAmazonの「業者に連絡」というタグから不正業者に「正しい送り状ナンバーを教えてくれ」と問い合わせしました。(ここでもまだ気づかず)

しかし、3時間ほど待っても返信がないため、Amazonのアカウントで、業者を調べたら30件以上の「低評価」のうえ、コメントが

「注文してすぐに「返金処理が完了しましたのでご連絡いたしますとの返事。悪質です。アマゾンでの買い物は危険!」とか、「だまされた」とか。

ここでやっと私も架空出品だったことに気づきました。

ああ、おまぬけ!

カスタマーサービスに電話

24日、1回目の電話

この件で24日にカスタマーサービスに電話しました。

・個人情報が抜き取られる心配があること
・この商品が来なかった場合どういうふうに対処したらいいか

この2つを聞くためです。

10分近く電話がつながりません。

いまから思うと、問い合わせが殺到していたんじゃないかと思われます。

このときのカスタマーサービスの返事は

・個人情報は住所・氏名・電話番号は知られてしまうが、メールアドレスやクレジット情報は業者に知られないようになっている。

・4月30日まで未着の場合マーケットプレイス保証申請してくれ

という返事です。

1つ目の個人情報漏洩は、商品を送るために最低限の情報なので致し方ない。

でも、カスタマーサービスの話では、5月3日まで保証申請ができないらしい。

「30日までに商品未着なら、その旨を業者に連絡後、その3日後(5月3日)にマーケットプレイス保障申請をしてください」という。

5月3日まで待てと?

明らかに私以外にもこの業者の架空出品で迷惑している人がいるのが分かるのに、悠長だなと思ったのですが、

カスタマーセンターに不満をぶつけてもらちが明かないことは明白です。

替わりのものはどうしたらいいか聞くと

「Amazon本体から出荷するようなものを選択してください」という。

24日はこんな感じで納得いかないまま電話を切りました。

25日 2回目の電話

また翌日に電話したのは、クレジットカード会社に請求が上がっていたからです。

さすがにこれはおかしいだろうと。

ひょっとしてこれは国際的な詐欺か何かかと思ったら
すでに弁護士ドットコムで注意の書き込みがありました。

25日の電話は、前日のように待たされることはなく、
今までの経過を話すとAmazon側でマーケットプレイス保証を代理申請してくれました。

最初からこういった対応をしてくれれば、こっちも気が楽だったのですが、Amazon内部でもいろいろ大変ということを察するので責めるのはこの辺にしておきます。

マーケットプレイス保証申請

マーケットプレイス保証とは

Amazon.co.jpでは、マーケットプレイスの取引で問題が発生した場合、まずは出品者と購入者の間で直接連絡を取り、解決策を見出すために話し合いをしていただくよう、お願いしております。Amazonマーケットプレイス保証は、満足できる解決策を出品者との間で見出せなかった購入者に対し、最終的な救済措置として用意されているものです。

最終的な救済措置としての上限は30万円です。

マーケットプレイス保証を申請するためには厳密に言うと幾つかの条件があるのですが、

・出品者がすでにAmazonのブラックリストにのっていたこと。
・私が業者側に連絡をとったりアクションを起こしたこと。

これが決め手となってすんなり代理申請してもらえました。

面倒でも電話をしたり、メールをすることが大事です。

あとは返金されるのを待つだけです。(※4月27日時点で返金はされていません)

出品者の立場

そしてもう一つ、大事なのは私は出品者でもあるということです。

出品者といっても、不要の本を数回出品しているだけ。

マーケットプレイスの保証申請の手続きが完了した後、カスタマーサービスに

出品者としてはどうしたらいいかと聞くと

「アカウントに入れればほぼ大丈夫」という返事でした。

乗っ取られたアカウントは、パスワードを変えられているのでアカウントに入ることすらできないそう。

「そんなんでいいの?」という回答でしたが、今どうこう言ってもしかたありません。

今回の乗っ取りは、IDとPASSを同じにしていて、使い回ししている人に被害が多くあるので、そういうものを狙ったものではないかと言っていました。

個人情報で何ができるか

一番の不安は、抜かれた個人情報を使って、新しい出品アカウントをつくられる可能性があるということです。

そのほかにも
・正体不明の郵便がくる
・振り込め詐欺の電話をかける
・各種の勧誘の電話をかける
・代引きの宅配便を送る

なんてことが想定されます。

ああ(×_×)考えれば考えるほど、コワい。

Amazon側も対策に追われているようでしたが、これだけの膨大なアイテム数を扱っているので手が回らないというのが本音だと思います。

そういえば、2年前のPayPalの不正利用されたとき、それまで私は同一のIDとPASSを使い回していました。

PayPalの一件以後、IDマネジャーで管理していましたが、これも見直さないといけないかも。

その後は別々のものを使うようにしたり、ランダムなものに変えたりしたのですが、
それでも完全とはいえません。

ラストパスなど、推測できないようなパスワードを作成してくれるサイトを活用して、自分の身を守るしかありません。

今回は、せどり業者さんでも大きな被害にあった方もいらっしゃると思います。今後の営業にも影響がありそうですね。

Amazonもマーケットプレイスのシステムが問われると思いますので、今後の出品者は要審査になるか、もしくはこのシステム自体がなくなるのではないかと考えています。

安かろう、コワかろう

もっとも、今回はAmazonでこういう詐欺が横行していますが、よく考えれば、通販はどんな会社でもこういうことが起こりえます。

2017年4月27日現在も、まだAmazonには架空出品と思われるものが見られます。また、なぜか新規出品者が増えています。特に新規出品者でベストセラー商品ばかり出品しているところは要注意ですよ。

激安・破格で出品しているのは一発で怪しいと分かりますが、微妙な価格設定をしているところは見分けづらいので、しばらくはマケプレでの購入を控えようと思います。

これから、Amazonのマーケットプレイスで購入するときは

・評価が極端に悪い
・新規出品者
・評価されている日付が古い

こういう業者からの商品は見送ったほうが賢明です。

安いものにはワナがある、と思って上手に通販を利用しましょう。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク