根強い人気!アーモンドの栄養と効果的な食べ方

2016年9月21日

スポンサーリンク

小腹が空いた時や女性のビューティーおやつとしても人気のアーモンド。

でも美容に良いからと言っても、カロリー大丈夫かな?と気になることもありますよね。

amod2

そこで、アーモンドについて調べてみました。
アーモンドの栄養と効果的な食べ方なども紹介します。

▼目次

  1. アーモンドのカロリーと栄養
  2. ニキビが気になる?
  3. アーモンドのダイエット効果
  4. 冷え性効果や便秘対策にも!
  5. まとめ

アーモンドのカロリーと栄養

アーモンド1粒あたりのカロリーは約6kcalです。
10粒食べると60kal、100粒食べると600kalと高めです。

amod8

「アーモンドは太る」というイメージはここから来たのですね。

おやつにカロリーを気にせずに食べ続けると、
あっという間に30粒くらいは食べてしまいそうなので、食べ過ぎには注意も必要です。

しかし、この高カロリーなアーモンドが女性に人気なのは、
栄養がたくさん含まれているからです。

ビタミンE、ビタミンB2、ナイアシン、葉酸、ミネラル類、たんぱく質、食物繊維、脂質と豊富に含まれています。

amod3

食べる量の割にカロリーが高いのは、
アーモンドの成分の50%を脂質が占めているからです。

これだけ聞くとドキっとしますよね。

でも大丈夫です。
アーモンドの脂質は良質な脂肪酸で3分の2はオレイン酸です。

オレイン酸には、血液中のコレステロールを下げ、
動脈硬化や心臓病、脳卒中を予防する効果があります。

ニキビが気になる?

「アーモンドを食べるとニキビができる」と言われたことはありませんか?

amod1

何となく見た目からニキビができるようなイメージも強いと思いますが、
医学的な根拠はなく、単なる迷信のようです。

逆に、アーモンドには肌に良い栄養がたくさん含まれているのです。

ビタミンB2、ビタミンE、食物繊維が代表的な栄養素です。

ビタミンB2には皮脂をコントロール役割があり、ニキビ予防や改善に効果的です。

また、ビタミンEは抗酸化作用があり、シワなど肌を老化から守る効果もあります。

血行を良くする働きもあるため肌を若々しく健康に保ち、アンチエイジングのビタミンとも言われているようです。

そして、食物繊維も含まれているため、便秘が解消され肌にも良い効果があります。

このようにアーモンドには体の内部からきれいにしていく効果があるのです。

ただ、油であげてあるアーモンドはニキビに良くないため
素焼きのアーモンドを選びましょう。

また、皮には美容効果が高いと言われる栄養も含まれているため皮ごと食べるのがオススメです。

アーモンドのダイエット効果

アーモンドに含まれる、食物繊維やビタミンB2、不飽和脂肪酸(オレイン酸・リノール酸)がダイエットに効果的な栄養素と言われています。

amod7

アーモンドには水に溶けにくい不溶性食物繊維が豊富に含まれています。

食べるとお腹の中で水を含んで膨らみます。

そして、腸内をコーティングします。

油分の吸収を抑えたり、食欲を抑制させたり、
食物繊維の量はゴボウの2倍なのでもちろん便をすっきりさせます。

また、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあり、
余計な糖が脂質として蓄えられるのをブロックする効果もあります。

このように食物繊維は、老廃物や毒素を排出し腸内環境を整え、
余分な食欲を抑えるなどダイエットの強力なサポーターになります。

ビタミンB2には脂肪の代謝を促す働きもあります。

代謝が上がり、リバウンドの防止にもなりダイエットに効果的です。

また、不飽和脂肪酸は比較的太りにくい脂質と言われています。

コレステロール値を下げるためダイエットにはかかせません。

上記のようにダイエットに効果的だからと言って食べ過ぎはよくありません。

食べ過ぎると太ります。

そこで、ダイエットにつながる3つのルールを紹介します。

1日の摂取量は25~50g

1粒1g計算で食べましょう。体格によって多少の誤差は問題ないので数は多少前後しても構いません。

食事として置き換えはやめましょう

ダイエット効果があるからと言って、食事の代わりにするのはやめましょう。

小腹がすいた時におやつとして、また食べ過ぎてしまう人は食前に食べるのがおすすめです。

よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激され、唾液も多く出ます。
唾液には酵素が含まれているので健康維持のためにもオススメです。

油であげてないものを選びましょう

ノンオイル、ノンソルト、ノンシュガーのアーモンドを選びましょう。
素焼きや生アーモンドと記載があります。

冷え性効果や便秘対策にも!

アーモンドにビタミンEは100g中31.2mg含まれて、含有量が一番多いと言われています。

これは、血行を良くする働きもあります。

amod4

血行障害を改善し、
冷え性だけでなく肩こり、頭痛などの症状を改善するという女性にとっても嬉しい効果ばかりです。

ダイエット効果の部分にも記載しましたが、
食物繊維は100g に10.4gと豊富に含まれます。

このゴボウの2倍含まれる食物繊維によって、腸内環境が整えられます。

便秘の人にはとっても嬉しい効果です。

野菜を摂っても便秘が解消されないという方は、アーモンドを食べてみてはいかがでしょう。

まとめ

アーモンドには体に良い栄養素が豊富に含まれていました。

amod6

とは言っても食べ過ぎは要注意!適度な量を食べて健康や美容に取り入れてみてください。

▲目次に戻る

スポンサーリンク